about Tadaima Design

タダイマデザインは
なぜあなたとあなたのお客様が幸せになるメソッドなのか?

1,簡単に商品が売れない時代

ひと昔前はこれでも売れたのに・・・なんて言葉聞いたことないですか?
大企業の商品でもただコストをかけて CMを打つだけでは売れない時代です。自分を消費者目線に切り替えてみるとイメージできませんか?!消耗品なら100均一へ。寒い冬のインナーはユニクロのヒートテック。運ぶのが大変なお水は宅配便。ご褒美にラグジュアリーなスパ付きホテル・・・有り難いことにとっても便利で物が溢れた時代の豊かさを享受できていますよね。“物が足りない”というより、ダイエットや断捨離のようにどう減らすかのノウハウが求められる時代です。
物とあわせてネットの普及で情報も溢れかえっています。一説によると現代人の一日に得られる情報量は江戸時代の人の一生分の情報量だとか。
たくさんの物に囲まれて目が肥えた消費者は、溢れかえる情報にも辟易しています。なので、ただCMを打つ、折り込みチラシをまくだけでは購買意欲がわかないので、物が売れない時代なのです。

2,簡単に商品が売れない時代にどうすれば売れるのか?

上の図は心理学者のマズローが、20世紀半ばに人間を行動に向かわせる要因として「欲求」に着目して、理論を図にしたものです。
何か物を買うという購買意欲も何らかの欲求が働かないと購入に至らないので、よくマーケティングで用いられているのでしょうね。
物が売れない時代ということは今私達が生きている時代、そして日本では、「物理的欲求」は満たされている事がわかります。ということは、ターゲットとする層がどこの階層の欲求が強いかということを考えるとどうアプローチするかの予測が立ちます。
マーケティングでは周知のとおりなので、こぞって戦略を立てていることでしょうから、精神的欲求さえ抑えれば大丈夫といった簡単な話ではないですが・・・第5段階の『自己実現の欲求』に着目すると、今何が求められているかが見えてきませんか?!『自己実現の欲求』=自分の能力を引き出し創造的活動がしたい・・・ありのままの〜自分になるの〜♪アナ雪じゃないですか!流行ましたよね。
『自分の存在意義』とか『人生観』とか自分自身の価値がなんなのか、そしてその価値を活かしたいといった心の内が見えてきます。

3,目に見えない価値を売る?!

結局のところ、各々が個々で感じる目に見えない『価値』を求めているのです。ビックリなのですが目に見えない概念を求めている。ということはこの『価値』という概念を売りたい商品に投影できれば、目に見えることになりますよね。
売り手が商品に『うちの商品には◯◯◯◯な価値があります!』と発したことに対して『その◯◯◯◯な価値の商品が欲しかったのよ!』というマッチングが成立すると売れます。そう!目に見えない価値を形にして商品に投影すると売れるのです。質問です!あなたの売りたい商品の特徴は何ですか?他にない差別化ポイントを考えてみてください。
例えば、シワの伸ばしの美容液を扱っていたとして、塗って10分後に見た目マイナス10歳に見える。といった塗った後に購入者がどうなるかがイメージできれば、興味湧きますよね。そして実際に使用されたお客様の声があれば更に心は掴まれていきます。
そして、商品開発の想いとして開発のいきさつや苦労がわかると更にそそられてしまう方も多いでしょう。
これらをホームページで伝える場合、「商品の特徴」「お客様の声」「商品開発秘話」といったコンテンツを作成するといったことが考えらます。

4,あなたの商品の価値をブランディングで明確にする

先程の質問で、あなたの商品の「特徴」「売り」「こだわり」等がすぐ思い浮かばなかった方は、自分自身で『価値』がわかっていないことに等しいことになります。ということはどう頑張っても『価値』を見える形にすることができないことは理解いただけるでしょうか。ないものは言葉にももちろんデザインもできないのです。この状態では多くの人に存在を認知してもらえることが難しいことがわかります。
まずは、今あなたの商品はどういった状態になるのか・・・価値が伝えられているのか、伝えたい人に伝わっているのか。
目標は達成できるのか、その為にどういった行動をしているのか等の現状分析をして、客観的な視点に立つ必要があります。
現状分析と思考の整理をすることではじめて『今何をすべきか』が見えてきます。そしてあなたの商品の価値や、その価値を必要としている人をブランディングで明確にすることで、あなたの商品の価値を求めている人へのアプローチ方法を探っていきます。

5,あなたの商品の価値をデザインすることで見つけてもらいやすくする

上記で各々が個々で感じる目に見えない『価値』を求めていると書きましたが、この目に見えないものを形にすることが得意なのがデザインです。目に見えない価値をデザインすることで、あなたの商品に価値を感じてくれる人から見つけてもらいやすい状況を作ります。できれば『形にした価値』は扱う全てのツールに反映したいのですが、事業規模により難しい場合があります。
そこで優先的に作成したいおすすめのツールがWEBサイトです。スマホユーザーがネット利用者のPCユーザーを追い越した今、無視できないツールです。また中無休で働き続けてくれる頼もしいツールです。
購買意欲を失った消費者の欲求は『自己実現の欲求』に向かっています。目に見えないものを探しているのですから欲求自体に気づかない人も多いはずです。そこであなたがしっかりとあなたの商品価値を必要としている人に届けることができれば、多くの人が購入へと向かうはずです。ここでやっと売りたい人と買いたい人のマッチングが叶い双方向ともハッピーになるのです。
またあなた自身もあなたの商品の価値を理解してくれる人がお客様となってくれるということは、あなた自身の『自己実現の欲求』も満たされることにつながり、ビジネス継続に繋がると信じています。

6,あなたのビジョンをデザインすることで一歩先の未来が叶う

ブランディングを行いデザインした場合のメリットとして、対お客様に伝わりやすい、見つけてもらいやすくなるということ以外にあなた自身に対しても効果を発揮します。あなたが本当に叶えたい将来像をデザインに反映することで、あなた自身も日々あなたの描いたビジョンを見ることになります。
思考を詳細にイメージすると実現しやすいといいます。弊社では製作前のヒアリングで近未来像をお聞きしてデザインに反映するようにしてきました。最初は無意識に行ってきたことですが、実際にビジョンを実現されてきたクライアントを数多く見てきて、デザインには近未来を叶えることができるのだと確信しました。
女性の経営者はビジネスに自分の存在意義を見いだす方が多いと感じます。であればよりあなたの想いやこだわりに価値を見いだしてくれるお客様と出会いたいという方も等しく多いと思います。潜在的にあなたの提供する商品を求めている人があなたの商品と出会えば、「そうそうこんな商品あればと思っていたの!」と価値に気づくことで購入に繋がります。しかもずっと探して求めていたものであればより喜んでもらえることでしょう。
あなたが理想のお客様を引き寄せることで、お客様はあなたと出会うことで、お互いに叶えたい未来を実現するのです!

MENU