ホームページを作る時の大きな壁。実はコレ!

ホームページを作る時の大きな壁をご存知ですか?

ページ数や構築方法によりますが

例えば
全ページ5P程度の小規模なサイトをレスポンシブで作成する場合
チェックバック等も含め
ざっくり2ヶ月程度の期間がかかります。

ざっくりしかお伝えできない理由の一つは
チェックバック期間が読めないという事。

デザイン案をご提案

お客様からのチェックバック

デザインの修正

承認をいただくまで
『お客様からのチェックバック→デザインの修正』
の工程が繰り返されるので
お客様のご都合や、修正内容・量に
よってかかる時間が読めないのです。

まぁ、でも上記の工程は制作側の監理方法や経験でおさえることは可能です。
要は製作が開始されれば、ゴールは見えます。

ではでは、何が一番ゴールが見えなくなってしまうのかというと

『お客様から原稿があがってこない!』

メニューや販売商品の説明やウリ・特徴や
プロフィールは基本内容を原稿でいただかないと
始まらないのです。

しかし、この原稿作成が難関だったりします。

『原稿って何を用意したらいいのですか?』
この質問。実はよくいただく質問なんです

当方では製作開始前に

・サイトマップ(ページ構成)
・フレームワーク(各ページのレイアウト骨子)

を作成してお渡しします。

フレームワークに沿って原稿を作成いただければ大丈夫なんだけどなぁ・・・
あれ?なんか難しいかなぁ・・・

待てど暮らせど待てど暮らせど原稿がこな〜い

といった経験から、ホームページ製作ではライターさんに入ってもらって
コンテンツの文章は作成してもらうようにしています。

ただ、まだ起業して間もない、費用がかけられないといった方には
ライティング費用は負担になってしまいます。

しかし、原稿ばかりはお客さまからいただかないと作れないのよね。
なんかいい方法ないかなぁ

『原稿用意できない問題』

この問題がずーーーーと作りたかったメニューのきっかけでした。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)